「ほっ」と。キャンペーン

無題

>あさん

まず、不快な思いさせたようなら申し訳ないです。

それこそ、そうおっしゃるのならわざわざ私なんかの日記開いてそういったコメント書き込んでるのも何も生み出さないですし、ご自身がおっしゃってる事と矛盾してると思うのでおそらく煽りコメントだとは思いますがマジレスさせて頂くと、他でどんな災害や事故が起ころうとも私の生活は変わりません。
遊びもするし、生活の為に働きもします。
もちろんいつ自分がそういった事に巻き込まれるかもわからないですし、今回のケースで言うと規模が規模だけに他人事だなんて思ってません。
幸い災害地周辺に身内などは居ませんが、知り合いも居ますし、昔お世話になった方なんかは現在仙台市に在住で心配していたんですが、つい先日連絡ついて安否の確認も取れたのでほっと胸を撫で下ろしてた所です。

基本的にこのBlogはゲームの事を書くというBlogというだけで別にゲームだけ考えて生きてるわけではないですし、mixiやTwitterなどに書かれてるような所謂「被災地の方達を思うと胸が痛い」「頑張って」系の書き込みや日記は個人的にはあまり好きではないです。
それなら被災地行ってボランティアでもしてあげたらいいんじゃないのか?って思います。
そんなもん普通の神経してれば胸が痛むのなんか当然だし、わざわざそんなわかりきった事を「現状」安全な場所から悦に浸って言ってるようにしか感じないんですよね。
もし自分が被災者になった時の事を思うと、そんな事言われても「んー…」って感じです。
もちろん「頑張って」という言葉で勇気付けられるという方も居るでしょうからどっちが正しいとかそういう意味ではないです。
価値観の問題ですね。

そういった意味では私の日記なんかもっと意味ないですし、人によっては不快な思いするというのもあるかもしれないのである程度自重するという考えももちろんありました。
余震一ヶ月と言われてますが、じゃあその間はゲームしちゃダメ?、日記書いちゃダメ?悦に浸ってなくちゃダメ?って考えた時にじゃあどこまでなの?って線引きが曖昧ですし何も意味ないなと思ったので、中途半端に偽善者気取るぐらいならいつも通りがいいんじゃないのかなという考えに至りました。

そもそも日記なんて書かなければ簡単な話だったんですが、自分の信念に「大人と子供」「男性と女性」「健常者と障害者」などは基本的には分け隔てなく「いつも通り」接するというのがあって、あまりにmixiやTwitterの世間の風潮が疑問だったので必要以上に「いつも通り」という思いが出てしまいました。

冒頭でも書きましたが、そういった考えだったんですけど私の日記見て不快な思いした方々は申し訳ないです。

別によく思われようとは思わないですが、こんなBlogなんかをせっかく見に来て頂いてるんですからそういった方々には少なくとも誤解はされたくないかなと言うのが本音です。
[PR]

by momochiq | 2011-03-13 13:09 | 雑記